残業のない職場を選びたい

残業のない職場を選びたい

さまざまな薬剤師さんの職場事情をうかがうと、同じ薬剤師、それも例えば調剤薬局の薬剤師同士といっても、その働き方は人によって大きく異なることがわかります。

 

調剤薬局病院は職場によって勤務時間が大きく左右されます。

 

残業が多い職場だと

 

ほぼ毎日全員が定時で帰っているところもあれば、毎日2時間程度の残業は当たり前で、冬や花粉の季節になろうものなら週に2回は終電で帰る、という職場もあります。

 

後者のような状況ですと、プライベートはおろかスキルアップのために認定薬剤師を取得したい、自分がこれから専門としたい診療科について勉強したい、と考えてもその時間がとれません。

 

地域の薬剤師会主催の勉強会にすら、仕事が終わらなくて行けないのですから。

 

この会社の中で出世を目指しているから異動までは頑張る、と耐える薬剤師さんも少なくないですが、やはりこのような職場の離職率は高いです。

 

残業が嫌だから転職したいというと、マイナスのイメージなのではないか?とお考えになるかもしれません。

 

でも、薬剤師として同じレベルで満足していたくない、スキルアップを図り続けたいと考えれば、このような職場ではそれを実現できないのは明白です。

 

実際、短時間で枚数をこなす力は身に付きますが、終電続きのような職場ではどうしてもレベルアップよりも日々の業務をこなすことに追われ、よりよいやり方を目指す時間はなくルーティーンと化すのはしかたのないことです。

 

残業のない職場への転職も可能

 

薬剤師としてより高みを目指すための転職ならマイナスイメージはありません。

 

実際に残業のない職場はたくさんありますので、自分のやりたいことがあり、今それを実現できていないと悩んでいるのなら、転職を視野に入れてもいいのではないでしょうか。

 

薬剤師専門の転職支援サービスなら、そのような希望に合う求人を紹介してもらえますので、大変便利です。

 

これは一例ですが、わたしの身近にも、残業は月間10時間を超えることはなく、それでも残業続きだった前職と比べ年収もほとんど変わらないという転職を果たした方もおられます。

 

おまけに転職先では研修や教育制度が充実していて、まずは研修認定薬剤師の取得を、と日々頑張っておられます。

 

薬剤師の転職を成功させたいなら!
薬剤師の転職支援サービス 人気ランキング

当サイト人気コンテンツ