みんなどんな方法で探しているか

みんなどんな方法で探しているか

転職をしたい!と考えたときは、この業界に転職したい、こんな条件のところへ転職したい、あるいはこの会社へ転職したい、と転職先への希望は決まっていますよね。

 

では、その希望を叶えるためにどのように転職したらいいのか、ほかの薬剤師さんはどんな方法で転職しているのでしょうか。

 

転職の方法あれこれ

 

一般的に転職の方法としてまず、「自分で求人情報を探して応募する」やり方があります。

 

ハローワークへ行く、ネット上の求人情報を検索する、新聞の求人情報に目を通す、実際の店舗に貼られている求人広告紙を見つける。また、知人の紹介もこれに当たるでしょう。

 

自分で探すのでなければ、「転職支援サービスの会社に登録して、求人の紹介を受ける」やり方があります。

 

薬剤師の転職の場合は、圧倒的にこちらのパターンが多いです。

 

薬剤師の転職に転職支援サービスが有効な理由

 

なぜ薬剤師は転職支援サービスを利用する人が多いのでしょうか。

 

薬剤師でなくても、紹介を受けるほうが自分で求人を探すより楽ですよね。

 

しかし長く不景気が続いている今、求人を考えている企業は転職支援サービスに広告を出すまでもなく、「自分で求人情報を探して応募する」人たちがとても多いので応募がすぐにたくさん来ます。

 

求人数に比べ求職者の数が多いので、求人に関しては「買い手市場」になっている業界がとても多いのです。

 

その点、いまだ売り手市場が続く薬剤師は特殊な業界といえるでしょう。

 

求人広告を出して待っているだけではなかなか応募がないので、転職支援サービスを利用します。

 

また少しでもいい人材を探したい企業は、人気の出そうな求人案件でもただ広告するだけではなく、転職支援サービスを利用します。

 

転職支援サービスの利点

 

人気の殺到しそうな案件は逆に、条件に合う人だけに応募して欲しいので非公開求人となり、支援会社を利用しなければ目にすることもできません。

 

薬剤師の間で転職というと、転職支援サービスを利用する方法が広く当たり前となっているため、求人も多くそちらに集まるので自分で探すのはとても難しいくらいです。

 

こちらの希望する求人にきめ細やかに対応してくれるだけでなく、履歴書や職務経歴書の書き方、模擬面接などの転職活動の支援サービスも充実しています。

 

薬剤師の転職を成功させたいなら!
薬剤師の転職支援サービス 人気ランキング

当サイト人気コンテンツ