薬剤師の年代別の働き方

薬剤師の年代別の働き方

薬剤師で、生涯転職しないで一つの会社に勤め続ける、終身雇用される人はごく少数でしょう。

 

厚生労働省が平成22年に行った抽出調査によりますと、調査時の平均年齢は39.0歳で、その平均勤続年数は7.1年でした。

 

薬剤師に転職が多い理由

 

薬剤師という職種は女性が多いことが、勤続年数を押し下げる大きな要因であることは間違いありません。

 

しかし、男性もやはり転職経験の無い人はあまりお目にかかりません。なぜでしょうか?

 

薬剤師のメリットの一つに、求人ニーズの安定性という点があります。少しネットを見てみれば、求人の多さはすぐにわかります。

 

一方で、他職種のように勤続年数を重ねるにつれ昇給する楽しみはあまりありません。スタートの年収も高いですが、昇給の割合は他業種と比較すると低いからです。

 

そのため、薬剤師という職種では、続けて勤務するメリットをあまり感じられないという事情がありそうです。

 

そこで、転職に対するハードルが低いというこの恵まれた環境を活かして、「年収アップのため」「年収は変わらなくても自分がやりたいことのため」、または「薬剤師としてよりスキルアップするために」など、具体的な動機はさまざまですが、将来を考える薬剤師ほど転職を積極的に考える傾向があります。

 

年代別の考え方

 

年代別に、転職に対する考え方は違うのでしょうか?

 

20代ではまだまだ新卒で入社した職場で頑張る人も多いのですが、業界を変えたい、と思う薬剤師は20代のうちに転職する事を推奨されるケースもあります。

 

30代ともなると、管理薬剤師になる人も出てくるでしょう。調剤もすっかり身につき、後輩の教育にあたる側になっていると思います。

 

女性の場合は、結婚や出産で一時離職する人が増え始めるころですね。復職するときは、パート派遣といった雇用形態を選ぶ人が多いでしょう。

 

キャリアは十分なので、自分のライフスタイルにあった求人を探してみることがまず大事です。

 

40代の転職は、一般的には年齢的に大変になっているところですが、薬剤師ならまだまだ求人がたくさんあります。

 

転職支援サービスの活用

 

求人広告を自分で見て、自分で探すのはその圧倒的な量からも大変だと感じる方も多いかもしれません。

 

そのような場合は薬剤師専門の転職支援サービスを利用しましょう。

 

まずは、仕事内容や待遇に関する自分の希望やこれまでのキャリアといった、自分の状況を専任コンサルタントに細かく詳しく伝えましょう。

 

そうすれば、膨大な数の求人から、あなたの希望に合った求人を紹介してくれます。

 

たとえば、「未経験だけれども、どうしてもこの業界に就職したい!」とか、「もう40代だけど今度は長いこと安定して勤めたい」といった希望を、最大限に考慮してくれます。

 

薬剤師の転職を成功させたいなら!
薬剤師の転職支援サービス 人気ランキング

当サイト人気コンテンツ